ご祭神と由緒

ご祭神と由緒

宮原神社の創建は古く816年に宇佐八幡宮より勧請され、宮原町の氏神として信仰されています。

ご祈願について

ご祈願について

家内安全、交通安全、厄除け祈願、学業、必勝祈願、商売繁盛など、特に病気平癒(がん、ぜんそく)のご利益で有名です。

Lorem Ipsum

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Nulla nec purus feugiat, molestie ipsum et, consequat nibh. Etiam non elit dui. Nullam vel eros sit amet arcu vestibulum accumsan in in leo.

宮原神社について

宮原神社について

宮原神社は平安時代816年に九州・宇佐神宮より勧請され、八幡大神をお祀りしています。「文徳、武運の尊神」として崇敬されてきました。江戸時代には紀州徳川頼宣公歴代藩主が熊野詣の折、参詣したと伝えられています。また境内に祀られている別宮の水主神社(天照御魂・大國魂命)は、八幡宮が勧請される以前より古く、この土地の最初の産土の神様と云われています。背後の宮山には烏帽子岩(磐座)あり、山頂付近には古墳があるそうですが現在は不明となっています。
明治二十八年宮原神社と改め、同四十三年に宮原町内の境内末社・二十社が合祀されています。

・【社宝】三十六歌仙扁額(1677年、若狭守源令綱奉納)が保存されています。

・ご利益 勝運、学問、安産、縁結び、家内安全、交通安全、病気平癒、商売繁盛など様々なごご利益があります。
詳しくは

新着情報