ご祭神と由緒

御祭神の誉田別尊は、十五代天皇応神天皇のことである。

気長足姫尊は、第九代開化天皇の曽曽孫で、第十四代仲哀天皇の皇后となり、神功皇后とよばれる。
時に筑紫国の熊襲の反乱を鎮めるため天皇と共に九州に渡られたが、背後にある朝鮮半島の新羅国を討つことの必要を感じられ、天皇の喪を秘して海に渡り、新羅を討たれた。
帰国後に誉田別皇子を出産、幼帝を擁立して摂政の位につかれ、政務を執られた。
比売大神(多伎理姫命、多伎都姫命、市杵島姫命)は天照大神のお子たちで、神功皇后が三韓への出陣に際し、この三神と戦勝祈願されたという。

【宮原神社の御由緒】
当宮八幡大神は五十二代嵯峨天皇の御宇、弘仁七年丙申年(816年)の草創で宇佐神宮より勧請されたと伝えられています。「文徳照臨の尊神として武運監護の霊祠なり」と古から言われ、国家鎮護、武運、学問、安産の神様として尊崇祭祀されてきました
。その頃の神領は宮山の下、宮の前一帯に四十数町歩を領し、宮殿八宇山囲んで壮厳をきわめました。

平安時代後期、源平の争乱により社殿が荒廃してしまいましたが、1284年(鎌倉時代)に、由良の興国寺開山法燈国師が再開眼の供養を執り行い再興されました。

室町時代には、源常久(1441年)、源順家(1516年)、萬徳丸・ 源某ら(1546年)など地方の豪族達が社殿の修理・寄 進がされました。

また天正十三年(1585年)の豊臣秀吉の紀州攻めによって、縁起巻物や神領証文など多数没収され、再び荒廃しましたが、村人の寄進等により社殿が復興されています。

以来、紀州藩主・徳川頼宣公(1619年)代々崇敬厚く、熊野参詣の折にはたびたび当社に参拝され、道中の安全祈願をされました。
また、1677年には若狭守源令綱(藩主徳川頼宣、光貞に仕える)より、三十六歌仙扁額が奉納されています。

本殿の東側には別宮の水主明神(御祭神 天照御魂・大國魂命)が祀られています。八幡大神が勧請される以前よりこの宮原の産土大神として祀られていたと伝えられています。水主明神は紀伊國神名帳在田郡にある水主明神にも比定されています。
現在、
摂社の若宮八幡(仁徳天皇)・飛鳥神社・稲荷神社・熊野十二所神社・髙良神社を合祀)

明治二十八年に宮原神社と改め、同四十三年に宮原町内の末社・二十社が合祀されています。